Posts | 2月 2015

26 2月 2015

金融投資初心者でも分かるチャートの見方

これから金融機関を利用して投資を行おうと考えていく中で、指標となるチャートというのは売買のタイミングを読み取っていくために大事なツールとなってきます。
そもそもチャートというのは、白色や黒色の棒が連続して形成している表となります。
そして真ん中に棒を通している状態となっており、これがローソク足といわれる理由ともなっています。
初心者でもチャートを見ていくと、金融市場の動きをチェックしていくことができるでしょう。

ローソク足が連なっていくチャートは、1日だけでなく週間単位の週足や数ヶ月単位の月足もしくは年足といった状態にすることができます。
初心者の方でも期間の長いチャートを見ていくことによって、価格の動向を確認していくことができます。
特にFXでは24時間動き続けていますので、夜中や早朝の動向もチェックできることでしょう。そこに様々なニュースを照らし合わせていくことによって、金融市場が様々なニュースによって変化していくことも理解していくことができます。

金融市場は常に動き続けていますので、チャートから見慣れていくようにしていきましょう。
市場の動きをチェックしていきながら、株式やFXなどの投資を行っていかなければなりません。
先行きを把握していくことによって、投資のタイミングなども知ることができます。

8 2月 2015

高金利通貨で稼ぐ資産運用 ~スワップポイント~

少子高齢化による社会保障費の膨張で日本の社会保障に対する信頼が低下し、自己責任による資産形成、資産運用の重要性が指摘されてきました。
そうした中、資産運用の方法として現在FX取引(外国為替証拠金取引)が大変な人気であることはご存じではないかと思います。
FX取引とはご存じのとおり一定の証拠金を拠出し、その何倍もの資金を運用できるレバレッジ機能を利用して買い(仕かけ)から売り(手仕舞)の間の為替変動の差額によって収益を得ることが主要な目的になります。

これに加えFX取引には金利差で収益を得ると言うことも可能です。
FX取引をする場合より高金利の通貨に着目することが重要と言われています。
通貨を発行する国の政策金利を比較し、より高い政策金利国の通貨を選好した方がより多くの収益を得ることが可能になります。
市中金利は政策金利に連動して決定されるのが通常ですから高金利の通貨を保持するすることは為替差益に加え金利差の収益も得ることが出来ます。

もし高金利の通貨を持っていれば、売り(手仕舞)をする時、売りのポジションを一日以上保持する(オーバーナイト)することで取引する通貨との金利差を得ることが出来ます。
これをスワップポイントと言います。
(スワップポイントの詳細はこのサイト「スワップポイント.com」で。)

この為、FX取引で資産運用をする場合、各国の政策金利を比較し、高金利国の通貨を選好することが重要になるのです。